【中学受験】テストで点がとれない人のためのテスト直し・復習ノート

【中学受験】テストで点がとれない人のためのテスト直し・復習ノート

「テストの直しはちゃんとやったほうがいいぞォ!」

と、大抵の塾の先生は当たり前の話をいたします。

 

「んなこと言われなくても分かっとるわ!」なんて胸の内で毒づいたり。

「あぁ、その通り。テストはちゃんと直して復習しないと!」と決意を新たにしたり。

人それぞれ感じ方はいろいろ、人生いろいろなのであります。

 

とはいえ、胸の内で毒づくやんちゃな人も、共感する素直な人も「テストの直し、復習はちゃんとやったほうがいい」と思っております。つまり、一般的な認識であり、人類普遍の原理なのであります。

 

But!!!

人類普遍の原理を無視して、やらない子が続出するのも「テストの直し」であります。

天に唾する不作為であり、仏様の前で二礼二拍手一礼をするような子たちがいっぱいいるのが中学受験のリアルです。

バチがあたって当然でしょう。

 

理由はいろいろあると思います。

時間がない、テンションがあがらない、テストが終わって疲れている・・・etc。

 

ってか、そもそもテストの直し、復習ってどうやるのかをあまり教えてくれなかったりもします。

具体論なしにプロを自称できるのは教育の世界のあるあるです。

 

「テストの直し?そりゃあ解き直せばいいんでしょ」

と思うかもしれません。

ただ、テスト直後や翌日に自分の間違えた問題をやりなおすってむちゃくちゃな胆力が必要な行為です。

自分の間違えを認めて、反省し、改善を図るなんて殊勝な小学生は日本全国で10人くらいです。あ、10人くらいってのは私が適当に言ってますよ。

そもそも、そんな偉い小学生だったら直す必要ないくらいの点数とってるでしょうしね。

 

で、本日は誰もが必要と認めているのに、誰もがやりたくないと思っているテストの直しについてお話をしてまいります。

ちなみに今回も四谷大塚の組分けテストで点数がとれない子のために書いております。

しかし!

私のブログは18禁ですから、対象は親御様です。

うっかり子どもに見せてしまうと大変なことが・・・!教育者らしく抽象的に脅かしてみました。

テストの直し、復習って一体なにをやればいいんだ?

だいたいですね、「テストの直し」って表現が良くないと思うんですよ。

なんか直さないといけない気がするじゃないですか。

私なりに言い直すと「テストの直し」とは「テストの振り返り」です。

 

組分けテストの話をしましょう。

↓前にも書きましたが組分けテストみたいな月ごとのテストってのは1ヶ月の通信簿です。

【中学受験】偏差値50〜65のスケジュール 偏差値50、60の壁・どのくらい勉強すると超えるか

つまり、1ヶ月の勉強をどう取り組んできたのかの結果が出てくるに過ぎません。

テスト時間はせいぜい3時間くらい。この時間内での結果が点数とか偏差値で出てきますが、よくよくご認識いただきたいのはこの結果は3時間の結果ではなく、1ヶ月の結果なんですよ。

文面で読むと当たり前のように見えます。

が、中学受験や成績やテストの点数で視野が狭くなっておりますと、この当たり前が認識できなくなります。

 

たとえば、

「こんなにケアレスミスしてる!もっと気をつけないと」

「ほら、ここの問題、焦ってるから解けなかったんだろ!」

「なんでこんなミスしちゃう!?落ち着いてやればできただろうに・・・」

こんな感じの言葉、自然と口から出てきますよね?

これらの言葉はすべてテスト自体(結果)に対する反省です。テストの3時間に目が向いている状態です。

 

違うんですよ。1ヶ月に目を向けた方がテストを効果的に利用できるんですよ。

 

ま、結果にこだわるのが悪いってわけじゃないですよ。

でも、本来、テストってのはプロセスを振り返り、プロセスを改善するためのツールです。

 

幸いなことに「勉強」という分野はプロセスの良し悪しが結果に反映されやすい営みです。

自分の努力がモノをいう分野だからです。

自分の努力だけで解決しないのは、相手がいる分野です。

たとえば格闘ゲーム。ストⅡとか。

いくら練習をしても相手が何をしてくるかなんてわからないじゃないですか。下段キックからの昇龍拳、相手が浮いたところへの竜巻旋風脚の練習をしてたとしても、相手がどう動くか分からないですからうまくはまるとは限りません。

 

対してテストは誰とも戦っていません。

隣の人がジャンジャカ解いているからって自分の点数が悪くなるなんて現象は起きませんよね?

実践したプロセスが反映されやすいのがテストです。

 

では結果を良くするにはどうしたらいいか?簡単ですよね。プロセスです。プロセスの改善です。

見るべきはテストでの振る舞いと結果じゃなくて、そこに至るまでのプロセスです。プロセスを改善するとかなりの確率で結果(=テストの成績)が改善されます。

 

「とは言っても今回範囲が穴だらけじゃ・・・」

それもその通り。小学6年生だったら穴をふさぐ発想に切り替えた方がいいです。が、小学4、5年生、とくに小学4年生は穴をふさぐ発想よりも学習の方法を振り返る発想の方が大事です。

 

では振り返るためには何が必要でしょうか?

 

方針です。

 

学習の方針がないと振り返りようがありません。

方針なんて難しい言い方をしましたが、要するに何点とるためにどういう勉強の仕方をするか、です。

これも以前書きましたが、四谷大塚の組分けテストの偏差値50ラインはおおよそ6割です。

しかも基本問題、基本事項を抑えておけば6割とれるようになってます。

ちなみに偏差値65ラインはおおよそ8割。基本問題+練習問題(基本の活用)までで8割とれるようになってます。

 

学習した内容に応じて得点率と偏差値が連動するのが四谷大塚の組分けテストでして、よくできたテストです。

【中学受験】偏差値40からのスケジュール 偏差値50の壁を突破する基本原則

【中学受験】偏差値50〜65のスケジュール 偏差値50、60の壁・どのくらい勉強すると超えるか

さて、1ヶ月の最初に、どのくらいの得点率を目指すかを決めて、得点率に応じた学習内容を決めます。

 

テストで点がとれない子、偏差値40くらいの子だったら偏差値50を目指して学習内容を決めるのがいいんじゃないスかね。

偏差値50を超えて学習に慣れてきたくらいの子だったら偏差値65。

なんで偏差値65って中途半端な数字なのかっていうと、このレベルまでだと応用レベルの学習は必要ないからです。

応用レベルになると少し学習の仕方が変わります。このへんはまた書きます。

 

そして、スケジュールをたてて、方針に沿った学習を進めます。

テストに挑んで結果が出たら目論見通りの得点だったのか、そうじゃなかったのかを振り返り、何が良くて何が悪かったのかを反省する。

 

ケアレスミスやら何やらも気になるところですが、ケアレスミスも含めて結果です。

「単位を書いてなかったー」

「うっかり『県』って書くのを忘れちゃったよー」

「40字でそのまま書き抜いてなかったー」

あー、間違えちゃったー、ケアレスミスだー、とか言ってちゃんと振り返らない限りは同じミスをまたいたします。

 

ケアレスミスなんてただの言い訳です。正しく言いますと練習不足、工夫不足、学習内容の細かな不備です。

 

「できたはずなのにできなかった」

まぁ、一時の慰めとしてはいいでしょう。でも、真実は不正解です。ケアレスミスだと思いこんでいると、本当は不正解だったのにあたかも正解したかのような錯覚に陥りがちです。

ささやかな希望でね。

ささやかな希望は、本番で絶望になります。

なぜ学習の方針が必要なのか?

テストは振り返るためのツールと上の方で書きました。

何を振り返るんでしたっけ?

結果じゃないですよね。

プロセスです。

プロセスは学習の方針によって決まります。だから、学習の方針をきちんとしといた方がいいよって話です。

 

小学4年生、5年生のうちはどう学習すると一番いいのか模索しつつ、定着させる時期です。

この時期にきっちりと我が子に最適なプロセスを固めてあげるのは、私は親の役目だと思っております

 

物事を振り返るには、まず良かったのか悪かったのかをはっきりしなくてはいけません。

基準となるのが目標であり、方針です。

方針もなしに良かったか悪かったかは振り返れません。

 

330点を目標として基本事項に絞って勉強していたのに300点だったとしたら差分の30点に何かがあると考えます。

計算の正確性だったのか、記述力だったのか、基本事項の暗記が甘かったのか。

 

そういった振り返りをふまえて、

「次回テストに向けては計算を正確にするために繰り上がり、繰り下がりの筆算を注意して見ておこう」

と具体的に決めて、少しずつ改善です。

いきなりやり方を全部変えちゃダメっすよ

文字通りのテスト直しをする必要はあるのか?

できなかった問題をできるようにする、これは大切です。

が、勉強したところができなかったのか、あるいは勉強しなかったところができなかったのかを区別したほうがいいでしょうね。

やっていたのにできなかったのであればできるようにしたほうがいいです。

やっていなかったのをできなかったのは当たり前です。別にやり直しの必要はありません。できなかった理由がはっきりしていますもの。

 

とかく、中学受験では「やっておいたほうがいい」ってな話がいっぱい出てきます。

全部真に受けていると「やっておいたほうがいい」ことばかりで時間がなくなります

基本問題をやっといたほうがいい、練習問題もやっといたほうがいい、応用問題もやっといた方がいい、できればそれを3周したほうがいい。

時間は有限ですからどこかで線を引かなくちゃいけません。

 

で、結局、目標から逆算して線を引くしかないんですよね。

その線引きにのっとってやり直しをする、と。

ある単元の基本レベルで間違えていたとしたら、もう一度基本事項からやり直しをするとか。

このへんは科目によっても異なります。

科目別の振り返り方は後述いたします。

 

テストで間違えた箇所を単にやり直しても、その問題が解けるようになるだけです。

単純な解き直しではなく、振り返ってどうプロセスを見直すべきかを見定めたいものです。

科目別のテスト直し、振り返り

科目によっても振り返り方は少しずつ異なります。

テスト直し 算数

算数は明確に振り返りができる科目です。

基本問題まできっちり学習して理解していれば6割とれます。

練習問題までだったら8割。

 

基本問題をきっちり解いていたのに6割とれていなかったとしたら、

・例題、類題の理解不足

・逆算ができない

・線分図などを使って整理できない

・計算力不足

・単位の書き忘れ等のしょーもないミス

などが原因になることが多いですよね。

 

計算力としょーもないミスは置いといて、例題、類題の理解不足に起因するのであれば「どの単元の」「どの例題の」「どんな考え方」が理解できていなかったのか特定いたします。

すると、傾向が見えてきます。

・どういうときに割り算、かけ算を使うのかがイメージできていない

・基本知識が抜け落ちがち

・解法がしっくりきていない

 

こういった振り返りを通して、

・割り算、かけ算の意味や用法の練習を促したり

・基本知識を覚える時間をとるようにしたり

・例題を何度も解いて解法を体に覚えさせるようにしたり

と、方針と内容を少し変化させてみるといいでしょう。

テスト直し 国語

国語は一番分かりにくい科目です。

大きく、漢字・語句・物語・説明文の4つの問題構成になっているはずです。

 

漢字、語句はシンプルでして、かけた時間と内容に比例します。

 

問題は物語、説明文です。

まず一番最初に見ていただきたいのはどこまでをしっかり時間使って問題解けていたかです。

物語までは記述もなんとか書いているけれど、説明文は全然書けていなかったのだとしたら、おそらく説明文にたどり着くころには時間がなかったものと思われます。

この場合は読解と解答のスピードが不足しております。

 

で、読解も解答のスピードもどっちも大事なんですが、とくに大事なのは読解です。

ある程度の速さで内容を理解しながら読めると、問題を解くときに読み直さなくても、ある程度何が答えでどのへんに書いてあるのか当たりをつけられます。

読解の質は問題を解く質とスピードに比例します

 

とはいえ読む練習は難しいです。

漫然と読んでもなかなか力がつきません。

私がむかーし、読解の仕方を教えていたときは言い換える訓練をしておりました

つまり、要約です。

要約力がつく=自分の頭で文章が理解できる、ってわけなんです。

 

一朝一夕で身につく力ではありませんが、頑張ってみてください。要約の練習。

・・・、でも難しいですよね。

なんかいい参考書を見つけたら紹介します。

あ、公文の国語はいいですよ。ばっちり要約力が身につきます。ただ、受験勉強と並行するのは難しですよね。

 

あと、大体の小学生が苦手なのは記述です。

「傍線部を60文字以内で説明しろ」とか言われるだけで意識がアッチの世界に飛んでいってしまいます。

そんなときはこう言い換えてみてください。

「傍線部と同じ意味になるように文章中の言葉を切り貼りして60文字以内で作ってちょ」

もしくは

「傍線部の理由を文章中の言葉を切り貼りして60文字以内で作ってちょ」

 

そう、おおよその記述の問題は単なる文章の切り貼りです。

たまに自分の意見を述べよとか出てきますが、少なくとも組分けテストでは切り貼りです。

 

記述がわかんねー、とお子さんが悩んでいらっしゃったら、「単なる切り貼りだよ。本当に記述するんじゃないからね」と優しい言葉をかけていただくと勇気100倍リンリンリンです。

そして次のテストにむけて「記述=切り貼り」を意識した学習を取り入れていく、と。

テスト直し 理科、社会

理科と社会はやった時間、内容が如実に点数に反映される科目です。

テキストの練習問題までしっかりやっておくと80点とれて当然のテストです。

もし練習問題までしっかりやってて80点とれてなかったとしたら、何かが抜けています

 

その何かを突き止めて、次の学習に活かすと確実に点数はアップします。

断言します。絶対にアップします。

 

理科は生物、化学、物理の3つに分類できます。

生物は単純な暗記です。

が、言葉だけで暗記していると点数を落とします。

お分かりですよね?

植物や動物のイラストと言葉が紐付いていないといけません

ありがちなのは言葉だけ覚えてるけど、イラストと紐付いていないケースです。

この場合はイラストと言葉を関連させて覚えるように学習の仕方を変えるといいです。

 

化学や物理は暗記+理屈です。

とくに理屈を覚えるのが苦手な子が多いです。

なので、理屈を説明する・・・じゃなくて、できるかぎり実際にやってみるといいです。

 

電池の問題が苦手?

じゃあ豆電球と電池を使って回路を作ってみる、とか、水溶液が苦手だったら実際にモノを溶かしてみるとか。

【中学受験】楽しい理科一問一答 水溶液① 水溶液とは?水溶液の定義と特徴

テキストだけ見てても理解できない場合が多いので、実際に家にあるものでやってみるといいですね。

滑車を作れ、とはさすがに言いませんよ。

 

社会については小学4年生は今、地理をやっていますよね。

5年生は鎌倉時代、平安時代あたりをやってますよね。

 

地理は「用語の暗記+地図」です。

地図なしで地理の勉強をしようなんて、ノーパンで外出するようなものです。

必ず用語と地図を対比させながら覚えましょう。

用語はしっかり暗記しているのに点数がとれていない場合は、地図で確認していないケースがほとんどです。

次回のテストに向けて地図を活用していただくと確実に点数は上がります。

 

歴史は「用語の暗記+年表+出来事の関係」の3つの要素が大事になります。

用語の暗記は当たり前にやるとして、年表や出来事の関係が頭に入っていないと点数がとれません。少なくとも80点はとれません。

ただ、用語の暗記と年表だけだと勉強がつまらなくなります。

出来事の関係まで理解するととたんに歴史は楽しくなります。

 

ではどうするか。

漫画を読みましょう

↑の漫画には細かい用語は出てきませんが、出来事の関連はしっかり理解できます。

出来事の関連を理解できると知識が定着しやすくなり、ちょっとひねった問題にも対応できるようになります。

 

なにより、子どもは参考書は読みませんが漫画は読みます。

 

このように何ができていて、何ができていないのかを「直す」のではなく「振り返り」、次の学習に生かす。

これがテストの正しい活用法です。テストで間違えた問題だけできるようになってもそんなに意味はないですからね。

テストの直し、復習のまとめ

まずは、次のテストでの目標=点数を決める。

目標の点数を決めたら基本までやるのか、練習問題までか、応用までやるのか決める。

テストの点数が出たら、目標点数との差を見る。

そして、どこで差が生まれているのか見ていく。

 

その差が今回の学習内容、つまりプロセスで不足していた部分。

ですから、不足を補うように学習内容を少しアレンジする。

 

テストの復習ノートを作ると履歴が追えるのでなおいいです。

「第〜回の算数は計算でミスっていたので、筆算はなるべく大きなスペースに書くように修正した」

とかね。

 

よっぽどの天才、秀才でなければこういった積み重ねなしに点数が急に上がったりはしないものです。

ただ、きちんと積み重ねていけば、天才、秀才でなくても必ず点数は上がります。

 

これ、お父さん、お母さん方が仕事で実践しているPDCAですよ。

お子さんと一緒にテストを分析しながら、考え方を教えていってくださいね。

 

何言ってるのかわかんねー、という人はメールしてください。

気が向いたら回答します。

チャオッ!

あわせて読みたい



最新のホカホカ記事

最新のホカホカ記事の一覧はこちらから


書いている人の紹介

星一徹のプロフィールはこちらから