【中学受験】偏差値50〜65のスケジュール 偏差値50、60の壁・どのくらい勉強すると超えるか

【中学受験】偏差値50〜65のスケジュール 偏差値50、60の壁・どのくらい勉強すると超えるか

壁、と言って思い起こされるのは私の場合、ベルリンの壁。もしくは真壁刀義であります。

ところが色々検索しているともっとあるじゃないですか、壁。

たとえば偏差値50の壁とか、偏差値60の壁とか、偏差値70あたりにもどうやら壁があるらしいですよ、奥さん。

壁をつくって勝手に行き来ができないようにしたり、チェーンをジャラジャラいわせたりするのは、どうやら中学受験の世界でも同じようなのです。

 

ちなみにチェーンをジャラジャラいわせる人はスイーツが好きで実はいい人らしいですよ。

ためになる雑学をぶちこんでおきました。

 

私はというと大の辛党でして、偏差値50の壁とか60の壁と聞くと「ほぇー?そんなとこに壁あったっけ?」とズカズカ踏み込んで左官屋の仕事を台無しにするのであります。

というか、そもそも偏差値50にも60にも壁なんかないですからね。

いかにも壁があるような気がして悶え苦しんでいるのかもしれませんが、ご自身の妄想にやられちゃってる感が否めません。

 

もう一回言っときますが偏差値には壁はありませんよ。

偏差値はある特定の集団の中の立ち位置に過ぎません。

 

「いやいや、真ん中あたりと上位には差があって、そこを突破するのが難しいんだよ」

と仰るかもしれません。

それはたしかにその通り。中位と上位の間には入り込めなさそうな壁っぽいものがちらほら見えます。

ただ、それって偏差値じゃなくて学力ですよね?

 

たとえばあるテストで8割とったら偏差値65くらいだとします。

8割を超えるための勉強をしている集団と7割くらいでいいやと考えている集団では、どっちが偏差値65を超えそうですか?

8割を超えるための勉強をしている集団に決まってますよね。

中位と上位には確かに差がありますが、それは先天的な頭の良さではなく意識の差であり、勉強の質と量であります。

結果的にテストの点数に反映され、学力となります。さらに学力が偏差値であらわされるので「なかなか偏差値60を超えないわ」という話になります。

 

解決策は簡単です。

7割取れりゃいい、って勉強の仕方を8割超えるように勉強すればいいだけです。

つまり、意識を変えて学習方法を見直すだけです。

 

とりま意識を変えましょう!

というのが今日のお話なんですが、意識を変えるって一体なんですかね?

難しすぎて私にはチンプンカンプンです。

 

どこかの偉い人が

「意識が変われば行動が変わる、行動が変われば習慣が変わる、習慣が変われば人格が変わる」

なんて仰ってますが、肝心の意識の変え方はちっとも分かりません。

 

そこで意識が変わっちゃった人の話をまずはしていきます。

「偏差値50〜65のスケジュールとか勉強法の話じゃねえの?」

と怒り心頭の人たちがうっすら壁の向こうに見えて、今、震えながらキーボードを叩いております。

振り絞るように言いますが、このくらいの偏差値帯ですと意識が変わることが学習の方法論よりも大事なので、こんなお話からいたしております。

あと、何度も言ってますが、この話は小学4、5年生で予習シリーズを使って組分けテストを受けている人たちを対象にしております。お間違えのないよう。

意識が変わっちゃった人の話

家庭教師をしていたときに私がこだわっていたのは家庭教師センターを通さないことでした。

大学の生協に足を運んだり、紹介してもらったり、まぁ未熟ながら営業活動のようなことをしていたわけです。

何しろ中抜きがないですからね!そして条件をこちらから提示できますからね!

お金の話はさておき、条件を提示できるってのがいいんですよ。だって、こっちは成績上げたいのに勝手に「週1で1時間30分」とか決められちゃったら手足縛られているようなものですから。

本当は週2がいいかもしれないですし、1回につき1時間の方がいいかもしれませんし。

 

私は「週1回以上、1時間40分〜50分、時給制ではなく月固定(成績上がったらおひねりくださいネ!)」と決めておりました。

理由は勉強時間は45分2セットで間に休憩をはさみたいのと、終わってから親御さんに報告をしたいからです。

なぜか小学生は45分以上勉強を続けると集中がみるみるうちに切れていきます。

レアアイテムを手に入れるためだったら10時間でもゲームできるのに不思議なものです。きっと学校の授業が45分区切りだからなんでしょう。

 

で、休憩がとても大事でして、ここで仲良くなって本音を聞き出すんです。

 

「上のクラスにあがりたい」と本郷中学校を目指していた男の子が言ったのも休憩中でした。偏差値は50〜60くらい。

「友達が上のクラスに行って休み時間にドラゴンクエストごっこができなくなったから」という腰を抜かすような理由でございました。

まぁ、ごくごく一部の小学生をのぞいて勉強なんかやりたくないと思っております。なのに塾に行ってるんですよ。何かしら勉強以外の理由で塾に行ってるんでしょうね。もっと言うと、やりたくない勉強を頑張って、私立(公立)の進学校に行こうとしているのですからたまげてしまいます。二重、三重にねじれた構造になっております。

そんな子らに「勉強の報酬は勉強だよ」と耳打ちしたら腰から砕け落ちるに違いありません。

 

で、紆余曲折ありまして実際に上のクラス(4科偏差値60以上)に押し込んだのですが、それくらいの頃から質問する内容が変わってきたんですよね。

「ダイヤグラムをうまく書くコツを教えてくれ」とか「比を利用して解くときはどうやって補助線を引けばいいか教えてくれ」と、具体的な要望が出てまいりました。

はぐれメタルをゲットする情熱がやや勉強に傾いた瞬間です。

これが世にいう自走って状態ですね。教えを乞うていますから半自走くらいかもしれませんが。

 

自走状態がある程度続くと放っといてもいいんですが、そこは小学生。油断するとあっという間にゾーマに持っていかれます。

ただ、意識は確実に変わりました。

 

ではここで問題ですが、意識が変わったのは何が原因でしょうか?

1.ドラゴンクエストごっこをしたかったから

2.勉強したから

3.上のクラスに上がったから

 

はい。

正解はよく分かりません

1はきっかけで、2は過程、3は結果、ということで、どれも大事なんでしょうけど私は2の「勉強したから」が一番大きな理由かなぁと思ってます。

意識が上がったから勉強したわけじゃなくて、勉強しているうちに結果が出て意識が上がったんですね。公教育の場でもこういう光景をしばしば目にします。

 

で、偏差値50〜65までのレベルにおいて遺伝的な才能も、後光がさすような圧倒的努力も必要ありません。

普通の子が勉強をした結果、「勉強しなくちゃなぁ」という意識が習慣となり、分からないことを分かろうとすると偏差値65まではいきます。

では偏差値65がどんな状態なのかを見ていきます。

四谷大塚系の偏差値65ってどんな状態?

6年生で受ける合不合判定テストはひとまずおいておきます。

あれは意識だけで急に偏差値65をとれるようなテストではなくてですね、4年生、5年生でやってきたことの定着応用を見るものですから、突然変異的に「1ヶ月で偏差値が10あがりました」とはならないわけです。

が、4年生、5年生で受ける組分けテストは1ヶ月で偏差値が10上がることはありますし、もちろん1ヶ月で偏差値が10下がることもあります。

1ヶ月の学習内容のまとめテストですからね。1ヶ月の通信簿です。

 

さて、以前四谷大塚の実施する組分けテストの得点率と偏差値の関係を表にしました。

偏差値得点率得点
41〜5045%〜59%250点〜325点
51〜6060%〜75%326点〜415点
61〜6576%〜85%416点〜465点
66〜86%〜466点〜

ざっくりした目安です。

おおよそ上の表のような感じになるのですが、もちろんテストの内容や母集団によって変わります。

 

偏差値65というのはおおよそ440点〜465点くらいの点数です。クラス分けで言いますとSクラスとかですかね。YT-NET系列の塾でしたら最上位のクラスにいるはずです。

 

なんかすごそうですよね。

でもこれが全然すごくないんですよ。

特別頭が良く生まれてくる必要もなく、親が立派じゃなくてもOK、めちゃくちゃな勉強量をこなさなくても大丈夫です。

ただし、学習習慣だけは必要です。

 

塾の先生が「学習習慣が大切です」と、きっと言っているかと思います。

まさにそのとおりですが、親御さんの立場からすると「それが一番むずかしいんだよ!」と心のなかで毒づいているポイントだったりします。

学習習慣がつくには意識が変わる必要があるのですが、勉強をしないと意識は変わりません。

したがいまして、つべこべ言わずにやれ、こういったキリッとした態度が最初は肝心です。

 

偏差値50以上のお子さんはある程度勉強することに慣れていらっしゃいますから、学習方法と結果がついてきて意識が徐々に自走の方向に向かうまで伴走すればいい、と簡単に申し上げます。

 

以前偏差値40から50を目指す人向けにToDoリストをでっちあげました。↓がそれです。

算数国語理科社会
計算練習7日分漢字テキスト音読テキスト音読
例題・類題言葉要点チェック要点チェック
基本問題1回目文章読む(1回目)練習問題(1回目)練習問題(1回目)
基本問題2回目文章読む(2回目)練習問題(2回目)練習問題(2回目)
文章読む(3回目)
読んだ文章を解く

偏差値65を目指す場合は、このToDoリストの算数に「練習問題」を2回追加するだけです。

応用問題は偏差値65を目指すのに不要です。4年生、5年生で応用問題がズバズバ解ける必要はありません。

あとは理科、社会といった知識系の科目の練習問題をもう1回増やす、とか。もちろん時間があって苦にならないのであればやっといたほうがいい、その程度です。

 

市販の参考書?

不要です

というか、勉強の邪魔になるだけなので買わない方がいいですね。

親御さんが中学受験の全体像を知りたかったり、趣味で問題を解く分にはいいですが子供にやらせるのはマジでやめといたほうがいいと思いますよ。

予習シリーズ以上に完成された参考書を見たことないですもの。

 

偏差値65はだいたい440点〜465点くらいの点数を取ると到達します。各科目にならすと↓のようになります。

算数 170点

国語 120点

理科 80点

社会 80点

合計 450点

 

適当に点数を書いて辻褄合わせをしているように見えますね。

一応うっすらとした根拠はありまして、

 

算数:応用問題レベルは最後の大問の(2)とか(3)にいかないと出てきません。その2問を落として、他の問題でも2問ほど落とすと170点くらいになります。

 

国語:漢字・言葉の問題は全問正解して欲しいところです(だって、「漢字と言葉」に出てくる問題が出ますから)。文章題の大問2問の構成は小説と説明文(論説文)でして、問題の難易度は「易しい〜普通」くらい。文章量が多かったりするので問題を解く技術よりも正確に読むスピードをあげる訓練をして、最後の問題までたどりつければ文章題だけで最低でも7割は正答できるはずです。

 

理科・社会:総合回のテキスト、問題集の練習問題と同様の問題が出題されます。完璧に総合回の練習問題をやっておくと90点以上とれます。ただ、ミスやうっかり忘れを考慮して80点としてます。バッファです、バッファ。

 

つまり、1ヶ月分の学習内容のうち標準レベル(練習問題)まで頭に叩き込んでおけば、これくらいとれるよね?というのが偏差値65のレベルです。

偏差値65の子ですと最上位クラスに所属、上位6%、校舎によってはトップ、と華々しい感じがしますが、標準的難易度の問題をちゃんと解けるくらいのレベルです。

ま、これが言うは易く行うは難しなのですが、偏差値50を上回ったら偏差値65を目指して、ぜひ練習問題までしっかり解けるようにするのを目標に習慣づけをしつつ頑張ってほしいな、と思っております。

 

目指すものがはっきりしていて、どこまでやったらいいか分かっていれば意味ない学習で疲弊せずに済みます。

応用問題や別の参考書に手を伸ばさなくても全然大丈夫ですよ。

偏差値にこだわって詰め込もう

偏差値(正確に言うと点数ですが)を目標として勉強しましょう!

なんて言いますと、まさに悪しき受験の権化として、蛇蝎のように忌み嫌われます。

ただ、私、具体的な目標を持って頑張ることの何が悪いのか未だにさっぱり分からないんですよ。

コンマ1秒縮めるために必死で練習する池江璃花子に「タイムだけが水泳じゃない!悪しき競争はやめろ!」と言う人はいませんよね?

しかも勉強は人との競争じゃなくて自分をアップデートしていく作業ですから、勉強よりもよっぽど水泳の方が競争的で不健全だとうるさがたの皆様が糾弾してくれる日を待っております。

 

そして詰め込み教育を頑張りましょう!

とか言うと偏差値同様、最近は頭がおかしい人のように思われてしまいます。

が、知識・技能の習得の基本は詰め込みです。

思考力ってのは知識・技能の土台がないと成立いたしません。

考える力がどうこう言う前に必要な知識や技能をつける、そのために詰め込む。

当たり前のことに感じるのですが非難轟々です。

思考力の前提には知識・技能の詰め込みがあるってことを忘れてしまっている人たちが多いのかもしれませんね。

 

最後に大事なことを言っておきます。

組分けテストの偏差値と学校ごとの80偏差値(8割の合格可能性)もしくは50偏差値(5割の合格可能性)とはあまり関係がありません。

組分けテストで偏差値65をとっているからといって、難関校に合格する可能性が高いなんてことは一切ありません

 

6年生になるとテストの質が変わるんです。

80偏差値とか50偏差値ってのはテストの質が変わった後の指標でして、組分けテストとは関係ありません。

組分けテストの成績はあくまで学習習慣やモチベーションの維持、1ヶ月の頑張りの成果と反省にご使用されると良いかと存じます。

あわせて読みたい



最新のホカホカ記事

最新のホカホカ記事の一覧はこちらから


書いている人の紹介

星一徹のプロフィールはこちらから