中学受験の国語で満点をとるロジックの実践的解説(物語編)ードラえもん 台風のフー子

あらすじ 静香ちゃんがのび太にペットの小鳥を紹介します。 のび太は静香ちゃんと小鳥の親密な様子を羨ましがります。自分も鳥を飼いたいと考え、家にあった生卵を体温で暖めてヒナを孵そうとします。しかしうとうとして誤っ […]

中学受験の国語で満点をとるロジックの実践的解説(論説文編)-読売新聞の社説を読む

入試問題で論説文が出たら全力でガッツポーズ 物語と比較して論説文は容易です。 構造のパターンがほぼ決まっており、パターンが決まっているので同様のロジックで解けるからです。   論説文を苦手にする児童は […]

中学受験の国語で満点をとるロジックの実践的解説(論説文編)ー朝日新聞の社説を読む

中学受験の国語が苦手?ならば満点への道は約束されたようなもの 国語が苦手な理由 どんな勉強をしたら国語の点数が上がるのか分からない児童は、どのように勉強すれば良いのか分かれば必ず点数が上がります。安定して満点を […]

中学受験の国語で満点をとるロジックの実践的解説ードラえもん のび太の南極カチコチ大冒険

中学受験における国語の点数が伸びない理由 国語のテストでいつもぱっとしない点数をとってくる。 そして家でそれなりに時間も使って問題演習しているのに伸びない。 そもそもこの勉強法でいいのだろうか?   […]

中学受験の国語で満点をとる-「読む技術」により読解を行う

中学受験の国語学習にも役立つ「読む技術」 私が「読む技術」を明確に意識したのは高校生の時でした。 きっかけは「ナボコフの文学講義」を読んだこと。精緻に文学作品を読み解いていくこの本を読んだことによって私は、小説 […]

公文が中学受験に役立つ理由 学習習慣と正確な計算能力の獲得は弊害に勝る

公文から中学受験へ、と皮算用している親御様はとても多いと思います。 ところが、公文の弊害が気になる、と。誰が言ったのか知りませんが、公文は役に立つ反面、弊害もあるとまことしやかにささやかれております。 文章題が […]

1 15 19