【中学受験】成績が上がらない理由と下がる理由、上げるためのサポート

【中学受験】成績が上がらない理由と下がる理由、上げるためのサポート

学校の成績下位10〜20%と成績上位10〜20%は固定、真ん中は流動的ですが大体定位置は決まっております。

これ、中高一貫校の話ですからね。全員で切磋琢磨なんて理想のまた理想。とくに最近は思考力型入試や作文だけで入ってきた子たちのフォローに追われて教員は四苦八苦。

ってわけで民間の塾が学校に入り込んでいるケースもございます。

 

教員経験のをある方でしたら「そんなん今更言うなよ」と一蹴されるかもしれませんね。

 

いつぞや書きましたが、憧れの中高一貫校に入って一発目の中間テストや期末テストの順位がそのまま3年間、あるいは6年間継続する傾向にあります。

中高一貫校での成績不振を立て直す 成績が悪い原因と挽回するための教科・勉強法

詳細は上に書いた通りですが、成績が固定化されてしまうのは本人の中で基準値ができてしまうのと、とりわけ数学や英語は一度サボると取り返すのに大変な労力が必要だからなんですよね。

 

「ま、このくらいかぁ」

と自分の立ち位置に納得しちゃった生徒が、髪振り乱して蛍雪の功とはいきません。

 

時間が経てば経つほど自己評価も固定化されますし、下位からの脱出は第一宇宙速度どころではなくなってしまいます。

 

中学受験も同様です。

上の層と下の層は固定。真ん中は流動的ですが、上位層に食い込んでくるのはまれです。落ちてくる子はいますけどね。

 

「いや、上位クラスに這い上がってきた子はいるぞ!」

とお叱りを受けるかもしれませんが、上位10%〜20%に這い上がってくるのはまれです。つまり例外。

 

何しろ「沼」とも称される中学受験界には例外を一般化したがる願望や希望が渦巻いております。あぁ、間違えました。怨念ですね。

華々しい逆転劇を期待してても普通はそんなこと起きません

例外ケースを真似してみたり、根性論に走ってみたり、金にモノを言わせたり、お百度参りをするものの期待通りの成果が得られずがっかりすることの方が多いんじゃないでしょうか?

 

さて、本日はまず上がらない理由からお話をしていきます。

次に下がる理由のお話。

ネガティブな話が続いたあと、どのように成績を上げてきたかを紹介して終わりといたします。

まぁ、万人に通用するかどうかは知りませんが少なくとも合格体験談を読むよりは再現性がありますよ。

成績が上がらない理由

成績が上がらない理由、いっぱい思い当たると思います。

勉強してない

理解が遅い

やる気がない

・・・etc

 

でも、これ結果であって、理由じゃございません。

本当の理由は成績をあげる動機がないからに尽きるかと。

 

伸びる子、伸びない子様々おりましたが、伸びない子には共通点があります。

やらされてるだけで本人に動機がないんですよ。

 

やる気を出させるのも仕事のうち、なわけですが、人から与えられたやる気って持続しないんですよね。

だから、一瞬打ち上げ花火が上がった後、すぐに失速いたします。

一瞬だけ火を吹くのは意識が少しだけ変わるからです。ただし、根本的には何も変わっていないのでまた元の位置に落ち着きます。

 

じゃあ動機って何なの?って話ですが、

「ぼくは持続可能な海洋資源を維持するために海洋プラスチックの分解の研究がしたいから勉強をする」

なんて高尚な小学生は1万人に1人くらいですし、

「××中学校に行ってレベルの高い仲間と一緒に切磋琢磨しながら青春時代を送りたいから勉強する」

なんて子も大概おりません。

 

現実レベルとしてはせいぜい、

「運動会楽しそー!この学校行きたい!」

とか

「次のテストで上のクラスに上がりたい!」

とか

「教室で誰よりも速く正解を出して手をあげたい!」

とかくらいじゃないですかね。

 

これでも十分だと思いますよ。だって、立派な動機ですもの。

大人の感覚からすると「そんなちっぽけなことでいいの?」って思いがちですが、それは大人の方が世界が広いからであって、子供の世界は学校と塾です。

大体、大人だって「年間売上を150%達成して最優秀営業賞を取りたい」とかくらいのレベルですよ。世界は違えど小学生と殆ど変わりありません。

 

もちろん動機には強度もあります。

年間売上を150%達成目指している人と、とりあえず怒られないくらいの売上成績でいいやと考えている人では努力の質も成果も変わるじゃないですか。

小学生だって一緒です。

 

どんな学校に行きたいのか、どのくらい上のクラスに行きたいのか、何点取りたいのか、どれくらい頭のいい子を抜かしたいのか、目指すものによって動機の強度が変わりますし、持続性も違ってまいります

前向きで持続的な動機を持った結果として主体的な態度が身について勉強をするようになり、成績も上がってくるものです。

 

中学受験体験談を読んでいると奥義が隠れていそうな気がするじゃないですか。

奥義なんかありませんよ。

動機に火がついて主体的に勉強した結果が体験談として載っているだけです。

「過去問を10回解き直しました」

とか書いてあったとしても、それは万人向けの真理ではなくその子が動機をもって採用したただの手段です。

なんで10回も解き直したのか、どうしてそんなに取り組めたのか、そこが重要なのであります。

 

さて、何で成績が上がらないのか、何で上位層に食い込めないのか。それが問題であります。

 

私なりの答えはこうです。

周りが勉強のテクニックや方法論を仕入れてきたり、塾に通わせ、スケジュールを提示して勉強をさせるけれども良い伴走者であろうとする人があまりいないし方法論が分からないから、です。

良い伴走者とはどんな人か?

本人の動機を尊重してサポートできる人と私は定義しています。

成績が下がる理由

成績が下がる理由、これは簡単です。勉強する理由や動機がなくなると成績は下がります。

私に任せていただければ偏差値70をキープしている子の偏差値をごくごく短期間のうちに成績のズンドコまで落としてみせましょう!

 

例えばこんなことをするでしょうね。

「次のテストでクラス1番になりたいんだよね」

「え?クラス1番になって何の意味があんの?井の中の蛙大海を知らずってことわざ知らないの?」

 

「満点賞を取りたいんだ」

「こんなレベルの低いテストで満点賞ってバカでも取れるよね」

 

「あの学校の運動会良かったし、絶対行きたい」

「その成績で行けるわけねーじゃん。大体、運動会以外はきっとあの学校つまんないぞぉ!」

 

はい。胸糞悪いですね。自分で書いてて胸糞悪くなりましたよ。

成績を下げるには動機をなくせばいいんですよ。だから、動機らしきものを否定してなくしてしまえば成績は下がります。

そして下がった先で低空飛行を続けていると、そこが当たり前になります。

しかも上昇するのは大変な努力が必要になります。

 

現実的に言いますと、あえて成績を下げるようなことを子どもにするわけありませんよね。

 

でも、無意識にやっていたとしたらどうですか?

 

つい口にしてしまう言葉。

「今回のテストもこんなもんだったんだね」

「あの学校、某掲示板によると実はイジメが多いらしいよ」

「このクラスだったら1番にならなくちゃね」

 

なーんて、せっかく何らかの動機を持って勉強してる子どもの芽を積極的に摘んでいたりはしませんかね。

 

最初に申し上げた上位10%と下位10%、頭のつくりが決定的に違うわけじゃありません。

 

下位10%の子は動機もなく結果として勉強に取り組めないから成績は低空飛行。それでも仕方ないと思っている。

つまり諦めていて、成績が低いことに慣れきっているんです。

 

上位10%の子はやればできると考えていて何らかの理由で上位をキープしたいと思っている。

それだけです。

成績を上げるための魔法(そんなものはない)

成績を上げるのは神授業でも神先生でもありません。

自分です。自分で上げるしかありません。

ですから成績を上げるための魔法なんて存在しない、って前提で物事を考えた方がいいわけです。

 

ただし、自分で成績を上げる努力を横からサポートすることはできます。

 

「何を目指して勉強してみる?」

私は最初に必ず聞くようにしていました。

目指すものなんか何でもいいんです。

 

「お母さんに怒られないようになりたい」

OK、OK!じゃあそれはどのくらいの点数?

「今より少しだけ偏差値を上げれば・・・」

OK、OK!じゃあ、とりあえず計算問題は全部解けるようにしておこう。

あと、理科と社会はテスト前の総合回で巻き返せばOK!

みたいな。

 

そうやって定期的に行われるテストを利用して、ほんの少しずつでもやったことの成果があらわれるようにする。

下位層に潜んでいる子に大切なのは諦めの呪縛から解き放つことです。

すると欲が出て、もう少しましな動機が持てるようになりますし、主体的に頑張れるように変化してきます。

成績が上がるのは学校や塾においては圧倒的に善です。なぜなら自分を肯定することにつながるからです。

 

成績、成績ってうるせぇな、勉強ばっかさせて、小学生からそんなにやらせてかわいそう、ってトンチキな人たちの声が聞こえてくることもあろうかと思います。

自信持って答えたらいいじゃないですか、うちは成績にこだわってますって。

学校や塾に行ってて勉強の結果である成績はどうでもいいですって方がよっぽど異常ですよ。

 

なんべんも言いますが、中学受験に限らず勉強は人との競争じゃなくて自分の成長と向き合うものです。

それを軽んじて、あまつさえ他人の批判なんかする人には犬のフンでも投げとけばいいと思います。

 

あ、犬のフンを投げる時はちゃんと手袋をしてくださいね。

ゴム製の。

あわせて読みたい



書いている人の紹介

星一徹のプロフィールはこちらから