【中学受験】4年生のスケジュール管理と立て方の実例 平日塾あり・塾なし、土日

【中学受験】4年生のスケジュール管理と立て方の実例 平日塾あり・塾なし、土日

小学生は時間がないのであります。

 

30年くらい前のご自身の経験を記憶の底から引っ張りだして、

「あの頃はなけなしの小遣いを握りしめて駄菓子屋でヤッターメンを買ったり、果樹園に忍びこんでブドウを盗み食いしていたものだ・・・。確かその後果樹園の親父に見つかって名札を隠しながら逃げたよなぁ」

感慨とともにまろび出る記憶の数々に想いを馳せ、小学生の頃は悠久の時間が流れていたと勘違いしがちですが、やはりそのころも時間はなかったと思われます。

学校あるし、宿題あるし、プール行ってる時間もあるし。あるあるずくめで無限の自由時間ではなかったはずです。YES。

記憶の中でだけ何となく時間があるように感じているだけで実際は結構時間に追われていたはずでございます。

 

塾に行き始めたらなおさら。

 

時は21世紀初頭。子供のスケジュール管理だ、と意気込んで筆と半紙、もしくはエクセルを立ち上げてスケジュールを作り始めたら愕然とするはずです。

え、うちの子勉強する時間こんなにないの?

 

気になるのはよその家庭の有様です。他の家庭はどうしているんだろうか、ちなみに塾のクラスで一番できるあの子はどんな風にやりくりしているんだろう。

 

ってわけで今日はスケジュール管理やその立て方を実例を用いながらやっていきます。

学習スケジュールの実例(小学4年生)

はい、↓にあるのは私が以前作っていたスケジュールです。

改訂された予習シリーズに合わせて作り直してますので若干内容を変えてますが、1週間の過ごし方のおおよそはこんな感じでございました。

 

ちなみに学年は小学4年生。

塾は週2回火曜(算数・理科)、金曜(国語・社会)で17時〜19時。

習い事はプールで週1回土曜15時〜16時。

テストの偏差値55〜65に照準を合わせている前提でご覧ください。青は予習赤は復習緑は塾です。

平日の中学受験勉強スケジュール

時間月曜火曜水曜木曜金曜
6:00-6:15計算演習計算演習計算演習計算演習計算演習
6:15-6:30学校のしたく学校のしたく学校のしたく学校のしたく学校のしたく
6:30-7:00ご飯ご飯ご飯ご飯ご飯
7:00-7:30通学準備通学準備通学準備通学準備通学準備
7:30-16:00学校学校学校学校学校
16:00-16:15休憩休憩休憩休憩休憩
16:15-16:30算数 練習問題漢字演習算数 練習問題漢字練習 40問漢字練習 40問
16:30-16:45通塾通塾
16:45-17:00休憩休憩国語 慣用句
17:00-17:15漢字演習塾(算数・理科)理科 まとめてみよう休憩塾(国語・社会)
17:15-17:30休憩理科 練習問題社会 テキスト読む

(自分で)

17:30-17:45理科 まとめてみよう
17:45-18:00休憩社会 要点チェック
18:00-19:00自由時間+ご飯自由時間+ご飯自由時間+ご飯
19:00-19:15学校の宿題帰宅漢字演習社会 テキスト読む

(一緒に)

帰宅
19:15-19:30自由時間国語 基本問題音読

(自分で)

19:30-19:45ご飯ご飯
19:45-20:00自由時間
20:00-20:15算数 基本問題自由時間国語 基本問題読解

(一緒に)

20:15-20:30学校の宿題学校の宿題
20:30-20:45寝支度・風呂学校の宿題寝支度・風呂学校の宿題学校の宿題
20:45-21:00就寝寝支度・風呂就寝寝支度・風呂寝支度・風呂

就寝

21:00-就寝就寝

平日のスケジュールはほぼこんな感じです。

塾の宿題、多すぎる思いましたか?逆にこんなんでいいの、と思いましたでしょうか?

 

目指しているレベルによって当然学習量、質は変わります。このスケジュールは塾のテストで偏差値55〜65におさまるように組んだスケジュールです。中堅から上位校にかするくらいが目標値です。

つまり、難関校本命であれば、難関校対策問題集の応用Bまでやるでしょうから、プラスオンで学習量が増えることになります。

 

「4年生で志望校って言っても・・・」

と思われるかもしれません。

が、どこらへんを目指すのかを早いうちに決めておいたほうが学習の方針が定まって、より効率的な塾ライフを送れます。

 

あくまで難関校なのか、近場の中堅校か、はたまた公立中高一貫か、そんなにレベルは高くないけど雰囲気がいい学校なのか。

ざっくりとで良いので目標設定はしといた方が良いと思いますよ。

中堅校狙いでやっていて、あとでやっぱり難関校となっても基本がしっかりしていれば6年生の始めくらいだったら間に合いますから。

 

どちらに振れても対応できるように過剰な勉強は避けつつ基本をしっかり、というのがこのスケジュールの意図しているところであります。

 

途中で色々修正しながらこのスケジュールのかたちになりました。

そういう気付きや意識している点はまたあとで。

では土日のスケジュールにいきましょう。

土日の中学受験勉強スケジュール

時間土曜日曜
7:30-7:45計算演習計算演習
7:45-8:30身支度・ご飯身支度・ご飯
8:30-9:00自由時間自由時間
9:00-9:30算数 例題・類題理科 テキスト読む(自分で)
9:30-9:45算数 基本問題理科 要点チェック
9:45-10:00休憩
10:00-10:15休憩理科 テキスト読む(一緒に)
10:15-10:30社会 まとめてみよう
10:30-10:45社会 練習問題休憩
10:45-11:00漢字練習 40問
11:00-11:15休憩
11:15-11:30漢字演習漢字演習
11:30-11:45熟語・慣用句自由時間
11:45-21:00自由時間(スイミング教室あり)自由時間
21:00-就寝就寝

土日は午前で終わらせます。その後は土曜日の習い事のスイミング以外は自由時間。遊んでも勉強しても何してもいいよーってな感じです。

 

ぬるい気がしました?

 

でも、これでも十分です。だって平日のスケジュール見ました?

休憩をちょくちょくはさんでいるとはいえ、まとまって遊ぶ時間が微塵もございません。小学4年生がですよ。

土日は疲れをとるため普段より睡眠時間を長めにとって、好きなことやってリフレッシュするのを優先いたしました。

 

また、午前中で全て終わらせているのも、頭がスッキリしているうちにやっといた方がいいからです。

遊び疲れているところに、さぁ勉強しなさい、じゃあ集中力が持ちません。

 

しつこいようですが、これもどの学校、どのレベルを目指しているか次第。

学習スケジュールを作って気づいた課題・大事にしていること

もちろん最初はすんなりいきませんでした。

様子を見ながら気づいた課題を微修正しながらスケジュールをブラッシュアップしていきましたよ。

では、中学受験の学習スケジュールをやらせながら気づいた課題と大事にしていることをやっていきます。

気づいた課題

・20時以降の学習(とくに夕ご飯の後)は平日、土日とも集中力が切れる

・1時間以上学習すると集中力が切れる

・1日で長時間学習すると集中力が切れる

・別教科への頭の切り替えがうまくない

・睡眠時間が9時間を切ると翌朝目覚めが悪く、日中眠くなり、勉強の集中力が落ちる

・全部覚えたはずの漢字を放っておくと2週間経過したら半分くらいしか思い出せない

・理科、社会のテキストを自分で読んだだけでは半分くらいしか理解できない

・国語の文章も同じく半分くらいしか理解できない

・早い時間の計算演習と夜遅くの計算演習では早い時間の方が正答率が良い

 

最初は上で紹介したようなスケジュールではなく上のような課題が出てきました。

そこで、微修正していき上のようなスケジュールとなりました。

ではどう改善し、何を大事にしていたのかにいってみましょう。

改善点・大事にしていること

・20時以降の勉強はやむを得ない場合を除き控える

・21時を目標に就寝する

・睡眠時間は8時間〜10時間を確保する

・連続学習時間は45分以内におさめる

・1日の学習時間は2時間以内におさめる(土日は例外)

・別教科への切り替えの時には休憩をはさむ

・漢字のような単純暗記は1週間後にもう一度やり直す

・理科、社会、国語はテキストを読ませた上で一緒に読みながら問いを出して理解と整理を行う

・テキストの単元一回分は何日かで分割せず一日で終える

・計算演習は早い時間に入れる

・塾に行く前に必ず予習を終え、その単元で分からない箇所を意識させる

・復習はなるべく軽めとする

 

人によって考え方は違いますしお子さんの性格も違うと思いますが、私はこれらを大事にしていました。

 

で、上には挙げていませんが最も大事にしていたのは、

自分で目標を考えた上でそれを言葉にさせて、その目標達成のためにサポートするよ

というスタンスで付き合っていくことです。

 

だから、週1回15分くらい、

・次のテストでどのくらいの点数を目指したいのか

・どのくらいの問題が解けるようになりたいのか

・自分が何が苦手だと思っているのか

・苦手に対してどう取り組んでいきたいのか

といったようなことを聞いていました。

 

で、それを実現するためにスケジュールを組むけれども、違うと思うなら別のやり方してもいいよと言いつつ取り組ませる、と。

 

こんな会話です。

「どのくらいの点数を次のテストでとりたい?」

「上のクラスにいきたいかなぁ」

「じゃあ4教科で8割くらいだね」

「まぁそうなるね」

「今のスケジュールは6割から7割くらいとれるようにつくってるから少し増えるけどどうする?」

「うーん、いいよ」

「そうすると算数は応用問題を少しやる感じかな。苦手な理社はどうしようか?ここが点数取れるといい感じになるけど」

「自分でもやるから、少し一緒に教えてもらえる?」

「オーケー。じゃあスケジュールに入れとこう。でもこれだと遊ぶ時間が減るけどどうしようか?」

「それは嫌だなぁ」

「じゃあ、算数の基本問題の復習と国語の問題演習の復習は省こうか」

「それで大丈夫?」

「予習でしっかり集中しといたら大丈夫。それに国語は読む練習をちゃんとしてるから問題も解けるよ」

「じゃあそれで」

「また、気が変わったら教えてね」

学習スケジュールの作り方

減るのは家庭の可処分所得だけではありません。

塾に行くと子供の可処分時間も減るのであります。

 

ではもともとどのくらいの可処分時間があるかというと、

塾なしの平日(9時就寝)は4時間15分、塾ありだと1時間15分。

 

一日:24h

▲睡眠時間:9h

▲学校(したくも含め):9h

▲ご飯・身支度・風呂:1.5h

▲学校の宿題:0.25h

差し引き:4.25h

 

塾がある日だと通塾の時間合わせて3時間は塾に持っていかれます。すると1時間15分しかありません。

同じように計算すると土曜日は11h、日曜日は13h。

 

つまり、1週間で40時間くらいが可処分時間です。もちろんご家庭によっても異なりますが、だいたいこれくらい。

週40時間にどう学習時間を入れていくかって話。

親御様お得意の優先順位の話であります。

 

上のスケジュールでやることを科目別にするとこんな感じです。青は予習赤は復習。

算数国語理科社会
予習 例題・類題 30分予習 国語読解 30分予習 テキスト(自分) 30分予習 テキスト(自分) 30分
予習 基本問題 30分漢字演習 15分×5日=75分予習 要点チェック 15分予習 要点チェック 15分
予習 練習問題 30分漢字演習問題 30分予習 テキスト(一緒) 30分予習 テキスト(一緒) 30分
計算演習 15分×7日=105分熟語・慣用句 15分予習 まとめてみよう 30分復習 まとめてみよう 15分
復習 基本問題 30分復習 国語読解 30分復習 まとめてみよう 15分復習 練習問題 30分
復習 練習問題 30分漢字演習問題(前週) 15分復習 練習問題 30分
漢字演習問題(今週) 30分

 

すると、お気づきかもしれませんが、予習の方が時間としては多く使うことになります。

これは予習シリーズを前提としているからでして、塾の方針と合わせていただけるといいんじゃないかと。

 

ちなみに予習の合計時間は1週間で495分、復習は225分、合わせて720分です。

これを基本方針に沿って、可処分時間に入れ込んでいくとスケジュール完成です。

 

そんなにうまくいくかよって?

その通り!素晴らしい!うまくいきません!

 

学習単元によっては想定より時間がかかったり、あるいは想定より早く終わったり、やる気が出なくてやらなかったり、急な用事ができたり、まぁ色々あります。

なので、1週間の可処分時間40hに対して学習時間12hとしてます。余裕を持っておいて組み替えができるようにしておくといいと思います。

ビッチビチにスケジュール組んじゃうと気持ちがパッツンパッツンになります。

 

余裕を持って組んだスケジュールでさえ、実際やってみると「いやぁ!ピッチピチだなぁ!」と感じます。

目標設定と目標時間の決め方

目標設定と目標時間の設定。

出産以来の一大事でございます。

例えばテストで8割とりたいと言われますよね。そしたら実際に自分でテストを解くんです。で、テキストと照らし合わせながら、8割取るためにはどこまで勉強しといた方がいいかあたりをつけておきます。

 

さらにテキストも全ての問題を解いておきます。

どのくらいの時間でいけそうなのかこれもあたりをつけときます。もちろんご子息、ご息女の出来具合も考えつつですよ。

 

あ、ゲッソリしましたね?

 

じゃあだいたいの目安を言っときます。これもテストの種類によって違うのであくまで目安です。

・テストで5割以上とりたい:各教科の基本問題、漢字、計算

・テストで6割以上とりたい:各教科の基本問題・練習問題(7割くらい)、漢字、計算

・テストで7割以上とりたい:各教科の基本問題・練習問題、漢字、計算

・テストで8割以上とりたい:各教科の基本問題・練習問題・応用問題(5割くらい)、漢字、計算

・テストで9割以上とりたい:各教科の基本問題・練習問題・応用問題、漢字、計算 全てノーミス

 

何回かやらせてみたらおおよそかかる時間の推測はできるはずです。

で、最初に作ったスケジュールを課題に合わせて調整していくと段々いい感じになります。

 

オススメは欲張りすぎずに、5割くらいを目指してスケジュールを立てつつ、本人の意欲や状況次第で増やしていくといいと思いますよ。

減らす作業よりも増やす作業の方がテンション上がりますし。

 

あとはお子さんがスケジュールづくりをなるべく自分でできるように、少しずつ手を抜くことです。

いい加減なスケジュールを作れって意味じゃなくて、時間から学習内容まで決めたガッチガチのスケジュールから簡略化していくって意味です。

 

お子さんが自分で考え自走するのが理想形

 

それまでは補助輪付きで段々手を離していく、と。

 

最後になりますが、私はエクセル等を用いずに1日ごとに筆でスケジュール書いてました。

理由?なんか気持ちがこもるじゃないですか。ちょっとした一言も添えちゃったりして。

あわせて読みたい



書いている人の紹介

星一徹のプロフィールはこちらから